千葉工業同窓祭(ホームカミング)

◆第32回同窓祭

 6月25日の日曜日午前11時30分から「JFEみやざき倶楽部」において103人が出席し、「第32回千葉工業同窓祭」が開催されました。

 

 開会に先立ち、これまでに他界された恩師及び同窓生のご冥福をお祈りし、一同黙祷を捧げました。

 布施副会長が開会を宣言し、挨拶に立った深山会長は、①梅雨の足元の悪い中、たくさんの同窓生の参加を得たこと、②昨年実施した創立80周年記念事業には多くの支援をいただき、成功裏に終えることができたことに感謝の言葉を述べるとともに、アンケートによるとみやざき倶楽部での同窓祭の開催については多くの方の要望が寄せられており、今年も、お酒を飲みながら、楽しい同窓祭にしたいと述べました。

 

 次に、鈴木校長は、①創立80周年記念事業に対し多大なご支援・ご協力をしていただいたこと、②国際交流事業としてベトナムとの交流を終え、昨年度から台湾との交流を始めたこと、③先般の創立記念講演に、同窓生の平山善吉氏(27C)にお越しいただき、先輩の南極観測隊での活躍ぶりが生徒たちに大きな影響を与えてくれたことなどについて述べるとともに、これからも母校の発展のためにご尽力を賜りたいと結びました。

 

 来賓の挨拶では、段木先生が都合により欠席のため、高橋顧問が祝辞を述べました。

 来賓・元学校長の紹介、恩師紹介、PTA役員紹介と続き、金子副会長の音頭で乾杯をし、懇親会に入りました。

 

 懇親会では、喜寿のお祝い、吹奏楽部OB・OGによる演奏、外房ハワイアンダンデイズによる演奏とフラダンスと続き、最後に、3つの校歌を吹奏楽部の演奏に合わせて声高らかに歌いました。

 最後に、宮崎実行委員長が閉会を宣言し、第32回記念同窓祭が盛会裏に終了しました。

 同窓祭の企画から実施まで、実行委員初め多くの方のご協力がありました。まことにありがとうございました。そして、お疲れさまでした。 

 

 千葉市支部ホームページに動画がアップされています⇒こちらから

◆第32回同窓祭

 

 6月26日の日曜日午前11時から「JFEみやざき倶楽部」において118人が出席し、「第31回千葉工業同窓祭」が開催されました。

 午前11時に中村先生が校旗を携えて入場し、鈴木校長代理の田口教頭から深山会長に手渡されました。

 

 次に、これまでに他界された恩師及び同窓生のご冥福をお祈りし、一同黙祷を捧げました。

 

 布施副会長が開会を宣言し、挨拶に立った深山会長は、「昨年開いた「JFEみやざき倶楽部」での同窓祭が非常に評判がよく、今年も引き続いての開催の要望を受け、ここで開催することになった。同窓会は、卒業生の親睦と融和を図ることが目的であり、思い出に残る同窓祭にいたしたい」と述べました。

 

 次に、鈴木校長を代理して田口教頭は、創立80周年記念事業としてのICT機器活用教育の推進、理数工学科の発足、2年目に入ったSPH、工業系高校人材育成コンソーシアム千葉の活動等について述べられました。

 

 来賓を代表して段木顧問(第10代校長)は、「かつての安藤同窓会長が、母校の素晴らしい桜の花を見て、ちょっとした同窓生の集まりを持ちたいということでスタートしたが、あれから31年が過ぎ感無量である」と述べられました。

 

 元学校長の紹介、PTA会長、高橋顧問、㈶千工会理事長の紹介の後、高橋顧問と金子副会長の音頭で乾杯をし、懇親会に入りました。

 懇親会では、喜寿のお祝い、吹奏楽部OB・OGによる演奏、詩吟、外房ハワイアンダンデイズによる演奏とフラダンス、どじょうすくいと続き、最後に、3つの校歌を吹奏楽部の演奏に合わせて声高らかに歌いました。校旗退場の後、宮崎実行委員長が閉会を宣言し、第31回記念同窓祭が盛会裏に終了しました。

 

 宮崎実行委員長、司会・進行の鳥飼さんと白井さんはじめ役員の方々、企画から実施まで本当にご苦労様でした。また、ありがとうございました。 

 

 南総支部facebookに同窓祭の写真や動画がアップされています。

 こちらから→https://www.facebook.com/chikounansou